キーワード「市街化調整区域」

CatTitleBg
CityLine

市街化調整区域の土地取引について

カテゴリー:お知らせ

最近、立て続けに厚木市内の市街化調整区域にある土地に関するご相談をお受けしています。

主に売買担当者が相談をお受けしているのですが、売買・賃貸共に市街化調整区域の土地取引に関しては注意が必要です。

厚木市内は実は3分の2が市街化調整区域です。

 

  • 市街化区域は、既に市街地を形成している区域及びおおむね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域です。
  • 市街化調整区域は、市街化を抑制すべき区域です。

 

市街化調整区域には原則として建物の建築は出来ません。

しかし、開発許可を受けていたり、都市計画法43条の建築許可を受ければ建物の建築が認められる場合もあります。

当然ながら建物が建てられるかどうかはその土地の価値に大きく影響をします。(もちろん建物が建てられない土地だからと言って、取引が出来ないわけではありません。)

そのため、より慎重に、より丁寧に調査をする必要があるのです。

このような事情から、市街化調整区域の土地取引を大手の不動産仲介業者などは敬遠する傾向にもあるようです。

事実として、「大手に行ったけど難しいと言われた」「調整区域の土地は扱わないと言われた」というお客様がご相談にお越しになるケースもあります。

最初にお越しになられなくても、他社さんでお断りになられたお客様でも、是非お気軽にご相談下さい。

地元厚木を知り尽くした私たちが全力でお手伝いをさせて頂きます。

市街化調整区域内の宅地や雑種地の扱いについてご相談が増えています。

カテゴリー:お知らせ

最近、厚木市内の市街化調整区域にある土地のご相談を続けてお受けする機会がありました。

そもそもですが、

 

  • 都市計画法では、市街化区域を「すでに市街地を形成している区域及びおおむね十年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域」、市街化調整区域を「市街化を抑制すべき区域」と定義しています。

 

つまり簡単に説明すると、市街化調整区域は市街化が進まないよに人が済むためのまちづくりを積極的に行わない地域ということになります。

実は、厚木市の面積の内、約3分の2がこの市街化調整区域なのです。

市街化調整区域の土地は法令等の制限があり、建物を建てる場合や造成工事を行う場合も許可が必要になったりと多くの手間がかかります。

あまり経験の無い不動産屋さんも多くありますし、法令違反をして利用してしまう方も多く見受けられます。

弊社は「安心」「誠実」「信用第一」を三信条に掲げていますので、一切法令違反を致しません。

地元企業として55年、農家として20代目となりますので地元厚木に地元三田にとって恥ずかしいことはできないのです。

と、前置きが長くなりましたが、つまり市街化調整区域の土地建物を扱うには知識やノウハウが必要となります。

弊社では過去様々な事例の中で多くの経験をしておりますので、是非お気軽にご相談下さい。

厚木市の市街化調整区域にある土地のご相談は 0462411089 小沢商事株式会社 までどうぞ。

【未公開情報】土地143坪・売買物件☆資材置場・駐車場用地として最適☆

カテゴリー:未公開物件情報

またまたまたまた、新規の地主様から不動産売却のご依頼を頂きました!

現段階で公開できる情報は以下の通りです。他の不動産屋さんでは扱っていない、未公開情報となります。

 

・厚木市三田

・土地面積約143坪程度

・資材置き場や駐車場等として利用可能な土地(市街化調整区域内につき、建物の建築は不可)

・売買契約後、農地法の許可申請が必要

・売却希望価格5.5万円/坪(総額792万円)

・造成工事費用概算で約100万円程度は買主負担

 

足場屋さんや塗装屋さんの資材置き場、中古車屋さんの在庫車置き場、運送屋さんの駐車場・・・

最適用途は色々考えられますね!

是非お気軽に 0462411089 売買担当までどうぞ。

リモートワークに対応している不動産屋さんです。

カテゴリー:お知らせ

厚木市内でも6月1日より多くの業種、多くのお店が再開しているようです。

全てが元通り・・・というわけにはいかないかもしれませんが、少しずつ経済活動が戻ることを期待したいですね。

さて、弊社も4月の緊急事態宣言後、実は臨時休業やリモートワーク、営業時間の短縮を実施しておりました。

しかし、お客様の中にはそれに気が付かない方も多く、驚かれることもありました。

今回のような事態を想定していたわけでは無いのですが、実は数年前からペーパーレス化やクラウドを利用した情報共有など、社内で整備を進めてきました。

結果、今回のような事態が起きてもある程度の対応が出来ました。

今後、ニューノーマルと言われるような新しい生活様式が浸透することで不動産屋さんの営業スタイルなども変わってくるかもしれません。

不動産という実体のあるものを扱う以上、全てがバーチャルな世界で完結はしませんが、リアルとバーチャルをうまく融合させていきたいと思います。

50年以上このまちで仕事をさせて頂く中で築いた「安心」「誠実」「信用第一」というスタイルを変えず、これからもこの厚木市のために頑張りたいと思います。

市街化調整区域に建物を建てたい!というご相談です。

カテゴリー:お知らせ

コロナウィルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の最中ではありますが、お陰様でまた弊社が得意とする分野のご相談がありました。

厚木市内某所の市街化調整区域、ここに建物を建てたいんだけど・・・というご相談です。

ちなみに、 原則として市街化調整区域には建物は建てられません。

もちろんこれが大前提です。

しかし、以下のような場合は、建築が可能となるケースがあります。

  • 都市計画法29条の開発許可を得て建築する場合
  • 都市計画法43条の建築許可を得て建築する場合

といっても正直、なんのこっちゃ?ですよね。

なので、市街化調整区域の土地は大手企業など、手を出さない不動産屋さんもいらっしゃいます。

法令の制限が多いので手間ももちろんかかるのですが、厚木市内には市街化調整区域が多く存在しますので、弊社のような地元密着の不動産屋だと避けては通れません。

もちろんその分、多くのノウハウも蓄積しています。

厚木市内に市街化調整区域の土地を所有されていて、空き地になっている、空き家になっているというお客様は是非お気軽にご相談下さい。

農地転用のご相談も同時に出来る不動産屋です。

カテゴリー:お知らせ

先日、愛川町中津の市街化区域にある農地に関して、農地法第4条の届出を致しました。(正確に申し上げると、業務自体は併設のさがみ行政書士法人にて請け負わせて頂きました。)

畑や田んぼなど、農地に関しては農地法という法律に則って取引をする必要があり、経験の無い不動産屋さん(特に大手不動産会社の営業マン)は積極的に取り組まない傾向にあります。

弊社では土地柄、市街化調整区域の土地建物に関する取り扱いも多く、勿論畑や田んぼなどの農地の取り扱いも増えています。

この厚木市三田という地域で企業としては50年以上、先代個人を含めると100年以上この地域に根ざしております。是非、厚木市の不動産のことなら小沢商事株式会社までお気軽にご相談下さい。

1〜6 / 6件
上に戻る